行政書士の資格を取るのに年齢制限はないそうです

行政書士の資格を取得することに、年齢制限はありません。
なので、資格ならば未成年でも高校生でも試験に合格できれば取得可能となります。
ですが、職として就くとなるのであれば未成年はできないことになっております。
資格は取得することができるのに、職に就くことはできないと言うのはどういうことなのかと言いますと、資格を取得してから成人となって行政書士として働くことができるようになるのです。
資格は、あくまでその職に就くための能力を持ったことを証明するものでありまして、資格を取得したからといって未成年がすぐさま行政書士として働くことができると言うわけではないのです。
世の中には中学生でも資格に合格したものもいるようですが、未成年で資格に合格できる能力があるのはすごい知識を持ったものだと思います。
成人になるまでお預けとなるものですが、その資格を持っていると言うことで1つの職になることができると言う、誰もがうらやましく思われるものになるのです。