レーシックは乱視の回復も可能?

レーシックは乱視の回復も可能なのでしょうか。
このような疑問にお答えするために乱視についてお話していきましょう。
レーシック手術は近視や遠視、そして乱視にも効力があります。
近視や遠視のように乱視も角膜の屈折の異常から来るものとなっていて、レーシック手術によって矯正することができるのです。
そもそも乱視というのは角膜の屈折異常によって光の屈折がずれて、そして光の焦点が結ばれない状態を表します。
そのように光の焦点が結ばれないと、物がぼやけたり多重に見えたりするのです。
乱視には種類があり、正乱視や不正乱視があります。
その中でも一番乱視にオススメな矯正方法としてハードコンタクトがオススメされたりもしているのですが、ハードコンタクトをつけたりはずしたりと手間がかかることを考慮するとそのような手間の必要がなくなるレーシック手術によって乱視の矯正をするのも良いでしょう。
中には近視と乱視が混ざった視力の人もたくさんいますから、一緒にまとめて手術をする方もいます。
もちろん乱視のみのレーシック手術をする方もいるので、色々と考えて、自分の視力や今現在、自分の目にとって必要な状況などを良く考えた上で乱視のレーシックにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。